『八百長相撲』と『技量審査場所』について

こんにちは。


昨日、日本相撲協会は5月は、夏場所ではなくて『技量審査場所』として開催することを決めました。


八百長相撲に関与したことを認定した、親方や力士23人を処分しましたが、
八百長の実態解明は終わっておらず、いいのかな~といった気持ちです。

処分された親方や力士についても、若い親方や幕内以下の力士
ばっかりだったことも気になりますね。


皆さんは知ってるかな~
「八百長」という言葉自体が、相撲界で「わざと負けること」という意味で言われるようになり、
のちに「事前に示し合わせて勝負する」という意味も含まれるようになって
相撲以外の勝負事でも「八百長」という言葉は使われるようになったんですよ。


元力士の舞の海が公演かなにかでこう言っているのを聞きました。
『人情相撲はある!』って・・・イコール「八百長」ですものね。

アメリカの学者さんも、『7勝7敗の力士が勝つ確率』を研究していました。
1人の力士に例えると、
通常同じ力士との勝率は4割そこそこなのですが、
7勝7敗になると、8割近くまで勝率が跳ね上がるそうです。
相撲ファンの方ならどっちが勝つか取り組み前に分かっちゃう方も多いんじゃないですかね。
(う~~ん グレーゾーンですね)


でも僕は、あの八百長やりとりメールがおおやけに出て
騒ぎが大きくなってよかったな~って思っているんです。

これで真剣勝負が、今までよりは、はるかに多く見られるようになりますよ。

僕は、相撲は格闘技としての魅力がかなりあると思っているんです。
あんなに大きな人間が、体重差なしで、小さい土俵の中で、お互いおもいっきりぶつかって、
殴って(張り手ですよ)ぶん投げて、それでいて一瞬で勝敗が決まったり、力勝負になったり・・・
しかも、そんな勝負が何十番も見れるんですからね~。
ガチンコだったら、『面白くないわけがない!』って個人的には思っているんですよ。


あと『技量審査場所を無料公開する』と決めましたね。
賛否両論あると思いますが・・・もちろん相撲ファンの方々はタダで見れるからいいですよね。
力士も人がいる方が気合いも入るでしょう。

でも・・・あくまでも僕の意見なのですが・・・・・
ちゃんとお金を取って、地震で被災された方の義援金に全額回す方が1番よかったんじゃないかな~って
頭がカタイというか、目先の事しか見えていないというか・・・
ど~おも、公益財団法人の認可をもらうために、文部科学省を喜ばせているように思えて、
あとNHKのご機嫌取り・・・(今日、放映断念が決まりましたね。 焦っているでしょうね)
僅かな人より多くの人が喜ぶ決断をしてくれなかったことが残念です。


やはり、相撲しか知らない人だけでは協会をまとめて行ける時代じゃないんでしょうね。
なんにもしなくても『国技』として持てはやされて、お客さんが見に来てたような人気はないですからね。
外部委員じゃなくて協会内に外の血を入れな、いかんでしょ!


ご安心ください!
上潮は『八百長』なしです! 『お客様に誠実であれ!』がモットーですから!!



〖4月のサービスクーポン〗


〔幹事さん必見!○得コース〕


【女性のお客様限定クーポン】



【お店情報】

こだわりの鯵のすりみちゃんこ鍋

お品書き(コース料理)はこちら

福岡(天神・中州)で座敷個室・掘りごたつ個室・大宴会場(座敷)をお探しの方はこちら


【上潮のこだわり】


“出汁(だし)へのこだわり”
“塩へのこだわり”
“野菜へのこだわり”
“雑炊(米)へのこだわり”
“柚子胡椒へのこだわり”


【各駅からの道順(写真付)】

西鉄福岡(天神)駅からの詳しい道順 (徒歩約10分)

中洲川端駅(福岡市営地下鉄)からの詳しい道順(徒歩約10分)

天神南駅(福岡市営地下鉄七隈線)からの詳しい道順 (徒歩約6分)





このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:相撲

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ

日本相撲協会のみなさ~ん しっかりしてくださ~い!! (ちゃんこ鍋屋からのお願いです。)